FORESPOスタッフブログ

FORESPOスタッフによるブログです。 スポーツ健康に関する最新情報や、イベント等のレポートをお届けいたします。 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

再会

 
今日、前の会社の同僚に会いました。

近況報告や懐かしい話し、そしてやはりトレーナーの話しになりました。

同じ考え、同じ目標、共に切磋琢磨した仲間達

久しぶりの再会でもすぐに昔のように打ち解け合い

時間もあっという間に過ぎてしまいました。

やはり仲間はいいなぁ!なんてしみじみ感じました。


トレーナー高谷健太
スポンサーサイト
   23:15 | Trackback:0 | Comment:1 | Top
 
 

目標

 
『目的・目標』

人生において重要なことである

トレーニングにおいても同様にとても重要である

ただなんとなくトレーニングをするのでは効果は薄く、期待はもてない

『なんのために』、『こうなりたい』などなにか一つでも目標をたて、目標を達成するためにトレーニングをした方が何十倍も効果的で、なにより楽しくなってくる

今なんとなくトレーニングをしている方はなにか一つでも目標をたててみましょう


トレーナー高谷健太
   01:28 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

内から外へ2

 
内側つまり体幹部から動くことでより利にかなった動きができる。
では体幹部はどうすれば動くのか

骨盤帯から脊柱を介して肩甲帯
肩甲帯から脊柱を介して骨盤帯

この連動が出来ない方が多いことにビックリする

確かにトレーニングにおいて
もしくは運動やスポーツにおいて上記の動作はダイナミックではないし、やった感を得るには不満が残るだろう

しかし、目的は怪我をするための運動ではないことは承知のはずである

ゴルフ好きなクライアントさんを例にあげてみる

ドライバーでの飛距離を伸ばすためにマシン等でウェイトを行い、グリーン周りでの寄せを安定させるためにバランスを保てるように筋肉をつける

確かに間違ってはいないが、筋肉をつけて飛ばしたり、安定感を求めたりすることだけでは、体に無駄な力が入り(いわゆる力み)怪我に泣かされるだろう。
つまりトレーニングが水の泡になってしまう

そこで良く良く耳にするのが
『70~80%で力を抜いたスイングを心がけましょう』

なんて短絡的な言葉だろう

そもそも人間の体は本来怪我をさけるよう抑制がかかるようにできている

だから100%の力(火事場のくそ力)を発揮できるように頑張っても、なかなか発揮できる状況にはない

通常からフルには働かない状態にある中でさらに70~80%となると…

通常出せるパワーを存分に発揮しても壊れない体作りを心がけ、トレーニング動作を改善する段階に多くの方々にはやくたどり着いて頂きたい

ゴルフに限らず様々な方面で活躍されている私のクライアント様には怪我するためのトレーニングを辞めて頂いた

内側からの動き作りで
下肢から上肢
上肢から下肢への連動、力の伝わりが可能になる

もちろん日常生活における局面でもいえる

より躍動感溢れる日常生活を共有して生きましょう

トレーナー中山洋史
   12:27 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

6年ぶりの貴重な時間

 
本日、縁あって英会話の教えて頂くことができました。

英語の勉強は6年ぶりなので、どのような内容になるのか不安だったのですが、非常に丁寧でわかりやすくご指導していただおかげでとても実りある時間になりました。

私のレベルに合わせた進行だったので、学生時代よりも集中して挑むことができました。

終わって今思い出してみると、私の仕事にも共通する部分が多々あると思いました。

相手の現状を知り、目的に合ったトレーニングを楽しく、効率的に進めていくことetc

英語だけではなく、私の仕事をするうえでの大切な部分を改めて再認識する機会にもなりました。

貴重な時間をありがとうございました。


トレーナー高谷健太
   23:26 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

茅ヶ崎にて

 
約半月ぶりに茅ヶ崎で仕事をしてきました。

以前から体軸に対して指導を行ってきたのですが、久しぶりにお会いした方達はしっかりと意識してトレーニングを行っていたため、軸がうまくとれるようになり、動き自体に安定感が増していました。

私のアドバイスが良い結果に繋がっていることを確認することができ、非常に嬉しく思いました。


トレーナー高谷健太
   22:21 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

正しい姿勢

 
身体のアライメントとは別にマシン利用時の姿勢が崩れてしまっている方を最近よく見掛けます。

マシンに限らずトレーニングは良い(正しい)姿勢で行わなければ意味が無く、狙いとは違う筋肉の強化や怪我の原因にもなってしまいます。

できれば運動をよく理解している方の指導のもと、トレーニングを行って頂きたいと思います。

例えば…私、高谷などはいかがでしょうか!?(笑)


トレーナー高谷健太
   23:19 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

本日のイベント

 
本日のイベントは3名のお客様が参加者してくれました。

誠にありがとうございました。

短い時間ではありましたが、『体軸』と『アライメント』の重要性は伝えられたと思います。

自分にとってとても有意義な1日でした。


トレーナー高谷健太
   22:11 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

内から外へ

 
こんばんわ

体を動かす際にどこから動かすのか。

意識をおく必要があるのは体の中枢
ざっくり述べると
腕を動かすなら肩甲帯
足なら骨盤帯

しかし、この意識を持ってトレーニングできてる割合は非常に低い

これはトレーニングのみではなくもちろん日常生活でもいえる

武道などではより円滑な体裁きを求めるべく中心からの動きを重視している

日常生活ではなぜ中心からの動きが良いのか

一つに各筋肉、関節への負担を軽減がある
関節軸からの距離が遠くなるほど負荷は増し、大きな力が必要となる
もちろん力を発揮するのは筋肉な訳である
これはエコに反した効率の悪い動きになってしまう

つづく

トレーナー中山洋史
   23:27 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

体軸とアライメント

 
再三記事に取り上げている『体軸』と『アライメント』

やはりこの2つは日常生活、競技スポーツにおいて、決して欠かせないものだと強く思います。

現在ジェクサー四ッ谷店で行っているイベントもこの2つをメインに進めているのですが、やはり立位・動作時の軸がとれておらず、肩こり・腰痛をお持ちの方達はアライメントが崩れてしまっているのです。

このような現状を目の当たりにすると『体軸』『アライメント』というのはとても大事なことだと感じるのとともにもっと皆さんにも意識していただきたいと思う今日この頃です。


トレーナー高谷健太
   21:35 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

部分的ではなく全体を見据えて

 
こんばんは

本日のタイトルですが、人生のあらゆる物事に対し当てはまる言葉ではないでしょうか?

自分の見ているお客さんには極力というか100%伝えている言葉
もちろん、コンディショニング&トレーニングにおいても当てはまります

骨盤の動きが悪いから
肩周りの動きが悪いから
膝の動きが悪いから
胸筋群が引っ張ってるから猫背に
腹筋が無いから反り腰に

などの言葉をよく耳にします
確かに間違ってはいない

大切なのはどのようにアプローチをするか
拮抗筋部分のトレーニングという短絡的な事で本当に解決するのだろうか
股関節、肩関節、膝関節のように部分的な関節アプローチだけで解決するのだろうか
上記の対応で一時的改善は見込まれるかもしれない
ただ、それだけでは時間が経てば戻ってしまう・・・
では一体どうすれば

そもそも人間の構造はそんなに単純なものではなく複雑な構造を成している
神経ー筋反射 体性ー内臓反射 皮膚反射 経絡 エネルギー体 などなど
そういった細かい反応が影響を及ぼしている事を頭にいれコンディショニング&トレーニングを行なう必要がある 

まさに部分的視野ではなく全体を見据える事が重要なのである

トレーナー中山洋史

   01:08 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

何に重きを置くのか?

 
こんばんは

本日の題目は何に重きを置くのか?

トレーニング内容
トレーニング時間
トレーニング方法
トレーニング姿勢
などなど

どれも重要な事ばかり

本日のセッションでの質問
『トレーニングにおいて、いろいろなやり方があるがどれが一番正しいのかわからない・・・』

私個人は、目的・個々のアライメントによって変えていくが一番注意しているのは個々のアライメントである
前回、体軸について書いたが、いかにアライメントが重要か

アライメント不全のままでは、目的を達成させる為の効率を低下させてしまう。

そんな話を終えた後、レッスン参加していた女性が途中退場で左膝をアイシングしはじめた
話を聞くと、どうやら膝関節をひねった模様
痛みや腫れはひどくなかったのでキネシオで補強し対症法を説明しながらアライメントをチェックするとO脚気味で舟状骨、立方骨、距骨の歪みを確認

そんな中、ホノルルと東京マラソンに参加予定とのこと

走れば走るほど膝にストレスが溜まるのは必然
身体の土台である足底部のアライメント不全は前述したように全身に波及される

ホノルル後、連絡するとの事
今回の怪我が良い出会いになったとポジティブに捉えてくださった
何が何でもいい状態で東京マラソンを走って頂けるよう最善のサポートができるよう準備してお待ちしております。

ベースとなる知識は必要不可欠ではあるが、それでは応用力にかける
そんな欠けている部分を最重要視したセッションを今後も心掛けて行きたい。

トレーナー中山洋史




   20:37 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

投球動作

 
本日、偶然にもオフ

天気もよく、近くの多摩川へ

3歳になる長男の石投げを見て、彼はどうもサウスポーなんじゃないかと家内が言うので、右でも投げるように要求。
すると左の腕を引きなんら違和感なく投げれるではないか。

そうなんです。
投げの動作で重要なのは、逆手の引き動作

なにも知らない3歳児がそれをやってのける
知らないからこそ体性反射をうまく使える

人間本来の可能性を摘まないように育ててあげたいものである

有意義な休日になりました

トレーナー中山洋史
   21:54 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

体軸2

 
私の観点になるが

体軸が整っている状態とは

『アライメントが整い』『脳脊髄液の流れが良く』『筋弱化が認められない状態』

と考えている。

競技選手であれば、個々の競技特性におけるパワーポジションで力が抜けていてはパフォーマンスが低下する原因となる。
『自分は競技者じゃないし・・・』
このような声を良く聞くが、日常生活においても同じ事が言える。

座位、立位、歩行時と日常生活においても、皆運動している。
それぞれの姿勢において、筋弱化が起こるのであればもちろん生活習慣での支障が発生する。
その例えが『肩こり』『腰痛』『冷え』『むくみ』『頭痛』といった不定愁訴と言われているものである。

不定愁訴の原因の根本にあるのが体軸のとれない状態と考えても良いのかもしれない。

正しい立ち方、歩き方、走り方、跳び方、投げ方など
医療系、運動系の教育を受けていない方々が学ぶ機会は皆無に近いのではないだろうか
なかには医療系、運動系の教育機関に携わっている方、トレーナーの方でも知らない方もいるように感じる

話をもどすと、『体軸をとるにはどうすればいいのか?』

これは、人間個々の状態・状況が大きく影響しているので『これ!!』というものは無い。
それぞれの体に合わせた対応が必要なのである。
その為にパーソナルトレーニング&コンディショニングというプログラムが存在すると私は思う。

『トレーニングのメニューを決め、トレーニングフォームに気を配りながらサポートをし、使った筋肉をストレッチする。』

この流れの一番最初に、『個々のアライメント・状況を把握し対処する』というものが入っていなければ価値ある時間を提供する事は不可能だろう。

今一度、皆様のプログラムが自分の身体に合っているものなのか振り返ってみてもいいのではないだろうか?


トレーナー中山洋史








   00:32 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

体軸

 
トレーニングについて

只今、ジム4ヵ所と契約し仕事をしていますが、9割近くの方は体軸のとれた状態でトレーニングをしていないと感じます。

また、パーソナルトレーナーを付けている方でも同じ状況におかれています。

もちろん、トレーニングしている方の目的はそれぞれでしょう。

スタジオレッスンでのエンジョイ
フリーウェイトでのバルクアップ
マシンや有酸素でのシェイプアップ
パーソナルトレーニングによる価値ある時間

どれもそれぞれの価値に似合った間違いない選択ではある

しかし、よくされる質問とやっている成果にギャップが生じている事実がある

体軸という単語でかんたんにすませるのは軽率ではあるが、ほとんどの方が体軸を意識できずにトレーニングをされていることが原因の一つであることは間違いない


つづく

トレーナー中山洋史
   14:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

ラスト1ヵ月

 
最近一段と寒くなってきましたが体調管理に気をつけていますか?

今年もあと1ヵ月を切ったので体調をしっかりと整えて良い1年を締めくくりましょう!


トレーナー高谷健太
   00:57 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

体脂肪率が…

 
約3年

この数字は継続したトレーニングをやめてからの年数

体脂肪率が3%⇒10%
とうとう二桁になってしまった

いいきっかけになりました

ということで毎日コツコツはじめることに

皆様、自分の体脂肪率を把握してみてください

以外と『大丈夫じゃん』と思うか思わないかは自分次第

自分の尺では10%はショックでした

頑張ろう


トレーナー中山洋史
   22:57 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

結果

 
本日イベント参加者2名

アライメント修正をメインに行い、結果とセッションの重要性を説明したところ非常に満足していただけたようで『ありがとう』というお言葉いただけました。

自分自身でも満足でき良い勉強にもなりました。

明日以降もイベントは続くのでしっかりと準備をしまた満足していただけるよう頑張りたいと思います。


トレーナー 高谷健太

   00:19 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

読書

 
読書が日課になって9年

20歳までは全くといっていいほど本なんて無縁でした

それがちょっとしたきっかけで実家の本棚にある膨大な量の本を夢中で読み
給料が入っては本屋に行く
不思議とそれが習慣となり11月は合計7冊
電車内か仕事の合間しか読めないけどやっぱり本はいい

本日のクライアントさんで読書大好きな女性
なんとなく本の話に
『ホ・オポノポノ』

『最近、気圧の変化に体が反応して頭痛が起こりやすいんだよね・・・』
(やっぱりな、思った通りだ。)
『ホ・オポノポノ読んでみて』
と薦めたところ、たった今メールがあり、即購入し速読はしたそうな。

後は実践し『業』『カルマ』をクリーニングして幸せな日々を過ごしましょう。

思考より大切なのは自分の直感である
直感を呼び覚ますためには心と身の一体化が必要となる
皆様の『心躰の一体化』を促進すべくコンディショニングトレーニングを今後も提供して行きますのでよろしくお願い致します。

トレーナー中山洋史






   00:23 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

いよいよ!

 
本日いよいよジェクサー四ッ谷店でのイベントを開催致します。

期間は先日の記事にも書いた通り1~12日までです。

肩こり、腰痛、歪みなどでお悩みの方にお勧めのプログラムとなっておりますので気になる方は是非ご連絡下さい。お待ちしております。


トレーナー 高谷健太
   03:01 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

恵比寿イベント終了

 
本日で3日間のイベントが終了致しました。

1日2時間1セッション20分枠にしては14/18としっかり集客できたと思います。

参加くださいましたお客様には心より感謝しております。
新たに私のパーソナルトレーニング&コンディショニング継続の契約を結んでくださった方のためにより精進して参りますのでよろしくお願い致します。

明日からはいよいよ高谷健太が四ッ谷ジェクサーにてイベントを行いますので皆様ふるってご参加ください。

トレーナー 中山洋史
   00:30 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。